HC透明マスクを開発・発売しました。【飛沫飛散・感染症防止対策製品】

ニュースリリース

弊社は、感染症対策製品として、「HC透明マスク」を開発し、発売を開始しました。

従来、口元をガードする透明タイプのマウスシールドはフードコートなどのスタッフが食品提供の際に、唾などが食品の混入することを防ぐ目的の物です。装着時に開口部が上部に来るため、装着者の表情が見える反面、会話時の飛沫の飛散は防げない構造であり、また他から飛来した飛沫を受けて体内に吸収し易い構造となっています。このため、装着者も相手方も飛沫感染のリスクを抑える効果は限定的です。
弊社が開発したHC透明マスクは、装着時の開口部をあごの下に配置することで、会話時の飛沫の飛散を防ぐとともに、他者からの飛沫の吸入を防ぐことが出来ます。呼吸も従来のシールドと変わらず容易で長時間装着も頭掛けゴムタイプを採用しあごが痛くなることもありません。また、表情が見えるため、接客業や教員など「人を相手にする」仕事に従事される方の飛沫飛散防止・感染症対策に最適です。





商品についてのお問い合わせは、弊社営業部までお問い合わせください。

faceshield